鍵の紛失時の対応

防犯の為などで高性能な鍵に交換した際に注意すべきことは鍵の紛失です。 というのも、高性能な錠前というのはピッキング対策や破錠対策が行われている事が多く、何らかのトラブルが起きた際に技術がない鍵屋では対応する事が出来ず、ドア自体を壊すなどの方法を取らざる得ないことも珍しくない為です。 また最近は内部にICチップを搭載した電子的なロックも注目を集めており交換する人も多いのですが、これで多いトラブルが合い鍵の製造に関連した物です。 電子的なロックで鍵をかけるというのは、物理的な形を真似たとしても内部のチップに記録されているデータが一致しなければあくことは無いのです。その為ホームセンターなどの一般的な所ではそう言った錠前の合い鍵は作らないと断っている所が多いのですが、知らずに依頼してトラブルとなる事が多いのです。

鍵や錠前というのは、防犯性能が高い物であればあるほど第三者の手によって開けにくいという事を表しており、それは何らかの事情で鍵を紛失した際に業者でも開けにくいという事を表しています。 その為、破錠と呼ばれる錠前自体を破壊したり壁に穴をあけて内部のサムターンを回す方法が取られることが多く、これに関連してトラブルが発生する事もあります。 なので錠前を交換したりする場合は、そう言った紛失の際の対応について確認する事を忘れないようにしましょう。 また電子的なロックであったり複製が難しいというのが売りの鍵の場合、一般的なシリンダーキーを専門にしている業者においては合いかぎを作る事が出来ないというのも珍しくありません。 なので、交換する際には合いかぎの作り方も確認しておきましょう。