生体認証式の登場

鍵穴にキーを挿入し、半回転させてガチャリと音が鳴るのを確認すれば、玄関扉の施錠は完了、これが従来の鍵に対する考え方でしたが、昨今ではさらに複雑になってきています。その理由は、オートロックのマンションや暗証番号、生体認証システムなど、従来とは異なる防犯セキュリティの数々が当たり前のように登場し、マンションに備え付けられているからです。昔は扉が開けられなくなった時、まず先に出番となるのは鍵屋でしたが、最近はそのセキュリティ会社に連絡することが一般的です。鍵を紛失してしまったため、一時的に開けて欲しいという時は今でも鍵屋は役立ちますが、暗証番号を忘れてしまったといったトラブルばかりはセキュリティ会社の領分となりますので、万が一の事態が起きた時の対処方法が昔と今とでは大きく異なっているのです。

最近のマンションはオートロックなど、最初から不審者が建物に入れないようなセキュリティを整えている不動産が増えています。このような最新鋭のセキュリティシステムは非常に性能が高く、マンション内の治安を常に良好なものにしてくれます。しかし、そのような安心感が、施錠するのを忘れるなどのうっかりとしたミスを招く恐れがありますので、どれほどセキュリティが万全なマンションであろうとも、常に自宅の鍵は肌身離さず持ち歩くことをオススメします。確かにオートロックのマンションは、暗証番号を知らない人物の侵入を防ぐことができます。しかし、全ての人をシャットアウトできるというものではありませんので、万が一の事態に備えて、ちょっと外に出る時もしっかり戸締まり、きちんと鍵をするように心がけると良いです。