紛失した鍵

私がまだ小さい頃、突如家の金庫が開かなくなってしまいました。原因はダイヤル式の金庫で、親が金庫を開ける際にダイヤルを合わせるのが面倒なため、あらかじめ合わせていたダイヤルを、私がグルグルと回してしまってからです。 鍵の救急車に電話するとすぐに来て頂けました。そして鍵の救急車の方が、あっという間に金庫を開けてくれた姿を今でも鮮明に覚えています。何の鍵にしても大事なものには変わりないのに、なぜかどこかへ行ってしまう鍵。そんな時に、本当に頼りになる鍵の救急車。電話一本でかけてつけてくれて、あっという間に鍵を開けて、安心を与えてくれる鍵の救急車はその後も、鍵がなくて家に入れなかった時、車に鍵をさしたままロックしてしまった時と、何度も助けていただきました。

私以外にも鍵の救急車にお世話になった方は多いと思いますが、まだ利用されてない方も今後お世話になることがあるかもしれません。バッグに入れていたはずの鍵がなくて家に入れない時以外にも、鍵が壊れてしまったので修理してほしい、また、鍵穴から鍵を作って欲しい等にも対応して頂けます。また全国でサービスを展開しているので、どこで鍵の問題が起こっても、サービスを受けることが可能です。なお、鍵を紛失した場合には後日盗難などの被害にあうケースもあるので、早めに鍵交換をする方が良さそうです。また鍵が抜けない時に、よく無理をして余計に状況が悪くなる場合があるので、早めに鍵の救急車に連絡したほうがいい結果に結びつくかと思います。